このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.04
元気が出る1分コラム

目指すビジョンに向け行動するリーダー

日本を元気にする!運動会屋遠藤のつぶやき Vol.174

リーダーとはどうあるべきか?どのようなリーダーがこれから求められるか?というリーダーシップに関する書籍や情報は、読み切れないほどあります。内容は様々で、組織の状態に応じて必要なリーダーシップは違うのだろうと思います。

その前提に立ちながらも、どの組織のリーダーにも必要だと思うのは「先頭に立つこと」です。もちろん、リーダーが全てを把握して、全てを判断するべきだということではありません。リーダーは、組織としての大きな決断を逃げずに行い、そして、責任を必ず明確にする。メンバーにとって、リーダーが自分たちの先頭に立って、お客様の満足を高めるために努力し続けているのだと常に感じることができることほど、メンバーを奮い立たせることはありません。

圧倒的に有利でありながら、戦術にこだわりすぎて大将が後方に控え続けていた側が、大将が先陣を切って切り込んできた相手に予想外の敗北を期してしまった例は戦国時代には多くあったようです。大将が先陣を切っている姿は、メンバーの士気を上げるのです。

組織にとって“ビジョン”は欠かせないものだと思います。リーダーがビジョンの実現に向けて行動している姿をみて、そのビジョンの元に組織が一つになっていくのだと思います。

 

無料セミナーを開催

このコラム筆者、遠藤が講師を務めるオンラインセミナーを開催します。

●コミュケーションのあるべき姿とは
実施日:2021年1月20日(水)
時間:14時~15時30分
講師:遠藤直哉

※セミナーの開催媒体はZoomになります。

詳細、お申し込みフォームはこちら

この記事を書いた人
遠藤 直哉

ファシリテーター

遠藤 直哉

コラム一覧へ