このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.24
元気が出る1分コラム

使命感や誇りがあって人は動く

日本を元気にする!運動会屋遠藤のつぶやき Vol.170

規模の大小を問わず、どうすればチームや組織を同じ方向に動かすことができるのかについて書かれた本が、書店に行くと本当にたくさん並んでいます。組織とは、チームとは、どうあるべきか、また、リーダーとはどうあるべきなのか考え続けて多くの本を手に取りました。そこには、本当に様々なことが書いてありました。知識が広がりとても勉強になりましたが、では、自分の所属している組織やチームをどのように引っ張ればいいのかは、結局分かりませんでした。

試行錯誤を繰り返して、失敗を多く経験しました。その中で確信したのは「人は外側から与えられる何かでは、本当に動くことはない。自分の内側から湧き起こる思い、使命感や誇りに突き動かされるときに本当に動く」ということでした。遠回りのようですが、このプロセスをしっかりと行うことが、組織にとってとても大切なことだと痛感しました。

この点、フランスの軍人であり政治家でもあったナポレオンのエピソードがあります。

あるとき、ナポレオン軍の幹部が、兵士の士気を高めるために報奨金を出すことを提案しました。しかし、ナポレオンは採用しなかったそうです。ナポレオンは、エジプト遠征の際このように話して兵士の士気を高めたそうです。

「兵士諸君、四千年の歴史が君たちを見ているぞ!」

人を動かすために必要なことは、小手先のテクニックなどではなく、どのようにしたら内側から情熱ともいうべき思いが湧き起こるのかを考え、行動することなのだということを私たちに教えてくれていますね!

 

無料セミナーを開催

このコラム筆者、遠藤が講師を務めるオンラインセミナーを開催します。

●コミュケーションのあるべき姿とは
実施日:2021年1月20日(水)
時間:14時~15時30分
講師:遠藤直哉

※セミナーの開催媒体はZoomになります。

詳細、お申し込みフォームはこちら

この記事を書いた人
遠藤 直哉

ファシリテーター

遠藤 直哉

コラム一覧へ