相談する

みんコミュでどんなことができる? プロジェクトについて相談してみる?

0120-3-84604

コラム

column

イベントに関する様々な記事を掲載しています。参考になることなど、あなたの想いに応えます。

企画

企画

公開日:2021.11.30

最終更新日:2022.03.04

運動会を会社で行う目的は何か?

SHARE facebook twitter instagram hatebu
運動会、集合写真、運動会目的、一体感、コミュニケーション活性化

「社内・組合で何かイベントをしよう!」 そんな話をしている最中、「運動会」というキーワードが出てきて「なんだか大変そう」「運動会の目的ってなんだろう」そんな疑問をお持ちになるかもしれません。

 

社内でイベントを行うには、企画~集客~運営と長期戦になり、社内調整が大変です。

せっかく開催するのであれば、目的や理由を明確にした上で実行し、少しでも有意義な時間にしたいですよね。

 

今回の記事で社内運動会を行う目的を明確にするため、もしくは考える材料として、イベントの選択肢を絞っていく際の参考になれば幸いです。

目次

社内運動会のメリットはあるか、目的は達成できるのか

運動会、円陣

企業の運動会は、昭和時代に盛んに開催されていたという印象をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、今では大企業だけではなく中小企業も盛んに実施しています。

当社でも新型コロナウイルスが蔓延する前は年間200件以上も企業から依頼をいただき、社内運動会の企画・運営を行っていました。

 

新型コロナウイルスの影響が落ちついている時期は、競技場や体育館に集合して行う従来の運動会の依頼が戻りつつあります。社内運動会を開催することに価値を感じている企業や団体は減ってはいません。

それでは、企業や団体で行う大人の運動会の目的を探るべく、まずはメリットをお伝えします!

メリット➀ 老若男女誰でも参加できる

運動会には様々な競技があります。

野球大会であれば、「野球」のみになりますが、運動会は「玉入れ」「大玉送り」「リレー」など多種多様な競技があります。年齢層、参加人数等に合わせて実施する競技を選択することができます。

参加者は自分が出る競技を選べるため、老若男女誰でも参加することができます。

 

例えば、走るのが得意な人はリレーに、運動が苦手な人は大玉送りなど運動強度が低い競技に出場するなど、誰もがチームのために貢献することができます。

 

また、競技によって細かくハンデを設けたり、「リレーの走者は年齢別」にするなど、平等性を保つといったルールの変更も容易にできます。

 

ファミリーが対象であればキッズ競技を追加することもできます。

例えば、ネットをくぐってお菓子をゲットしてゴールする競技は、お子さんが楽しむだけでなく、微笑ましい光景に見ている側にも笑顔が広がります。

このように参加者に合わせて競技やルールの調整ができ、なるべく多くの人が安心して参加できるよう工夫することができます。

また、運動会はほとんどのみなさんが学校で経験してきたイベントですが、野球やサッカーのように特別に練習をしてきたわけではないので、レベルに大きな差がないのも、みなさんが参加しやすい1つの理由です。

 

「社内交流のため」「ファミリーイベントとして」など目的に合わせて、多くの人が参加しやすいように調整することができるのが「運動会」なのです。

メリット➁ コミュニケーション活性

みなさんの会社は、仕事以外の会話をするなど、社員同士のコミュニケーションは多いほうですか?

それとも、業務以外のことで話をする機会はないですか?

 

リモートワークが進み、雑談が減ったといわれています。業務以外のことでおしゃべりをするには、キッカケがあると話しやすいのではないでしょうか。

同じ年齢といった共通項があったり、通勤で利用する駅が同じでたまたま話す機会があった場合など、なにかキッカケがあればいいのですが、社内であまり話したことがない関係では、どこまで踏み込んでいいか分からないですよね。

 

運動会は、業務とは無関係のイベントです。

業務と関係のないイベントであれば、仕事の話より

「最近、運動しましたか?」といった、なにげない会話が自然に生まれます。

 

つまり、運動会は社員同士が自然に雑談できる関係性を築くことができるコンテンツといえます。

もちろん「今までも十分に会話できていたよ」という方もいらっしゃいます。

それでも一生懸命に綱引きの綱を引っ張る姿や大声を出して応援する姿はあまり見たことがないと思います。

 

雑談できる関係性の人どうしでも、新たな一面を発見し、今まで以上にコミュニケーションを活性化させるという目的を達成することができるコンテンツが運動会なのです。

メリット➂ 健康促進

先ほど、運動会は老若男女問わずに誰でも参加できると記述しましたが、思った以上に全身を使い、知らず知らずのうちに体を動かしています。

 

また、久しぶりに運動をしたという人は、日頃の運動不足や身体能力の変化に気づくチャンスかもしれません。

 

リレーが終わった後「学生時代は早く走れたのに」と悔しそうに話している人もいらっしゃいました。

 

運動会では楽しみながらご自身の健康について考えるキッカケになるため、 健康経営の一環として開催するのもオススメです。

社内イベントの中から運動会を選ぶ理由とは

運動会、ムカデ競争、コミュニケーション活性化

先ほどあげた運動会のメリット
➀老若男女問わず誰でも参加できる
➁コミュニケーション活性になる
③健康促進になる
これらをすべてクリアした他のコンテンツはあるでしょうか。

 

例えば、ゴルフ大会はどうでしょう。

若い人からベテランまで参加でき、グループ間でコミュニケーションを取ることも可能、さらに結構な距離を歩くので健康促進にもつながりそうです。

 

また、仕事終わりにヨガイベントはいかがでしょう。

誰でも参加でき、健康促進にもなります。「同じ体験をした」ことで社内で話がしやすくなるかもしれません。

 

このように「運動会」だけが選択肢ではありません。

だからこそ、他の社内イベントにはない「運動会」を開催する目的や理由をさらに深堀りしていき、「なぜ運動会を実施するのか」をより明確にしたいと思います!

運動会を選ぶ理由➀ 全員参加で一体感醸成

チーム対抗ですが、一斉に競技をするため全員で参加しているという一体感が得られます。

 

参加者全員で入場行進をしたり準備体操をしたり、同じことを同時に行うと仲間意識が強くなります。

例えば、「友人と一緒に山登りをしたら一気に距離が縮まった!」なんていう経験はありませんか。同じ体験をするとコミュニケーションを取りやすい関係性になるといえます。

 

このように運動会では全員で同じことを同じ時間に同じ空間ですることで、一体感が生まれるのです。

運動会を選ぶ理由➁ 同じ目標を目指しチームワーク向上

運動会はチーム対抗で競うことが基本です。

競うからこそ、チーム内の団結力はより強いものになります。

 

最近はテレワーク環境も増え、誰が何をしているかわかりづらいという声もよく耳にします。 運動会ではチーム全員が同じ方向に向かって走れるのです。 1つの目標に向かってみんなで力を合わせることは貴重な体験です。

 

競技や応援、チームメイトそれぞれが得意なことでチームに貢献し、チームワークを向上させることができます。 仕事じゃないからこそ力まず楽しめ、チームメイトをより深く知る機会にもなります。

運動会を選ぶ理由➂ 誰しも活躍のチャンスがあり参加者満足度が高い

運動会は、4~9種類の競技を行うことが多いです。 団体戦とはいえ、チームのみなさん全員に活躍のチャンスがあります。

 

例えば「野球大会」だったら元野球部の方や身体能力の高い方が活躍しがちです。

しかし、運動会では、あまり身体能力を問わない競技や○×クイズなど知識等で勝負する競技もあります。

 

若い人もベテランも運動能力が高い人も運動が苦手な人も活躍のチャンスがあります。

「みなさんに参加してもらいたい」が、 運動会を選ぶ理由の1つです。 その目的は、より多くの人に満足感を持ってもらうということです。

 

「競技に参加できる」「活躍できる」という参加へのチャンスは、参加者の満足度をあげることにもつながるのです。

運動会を会社で行う目的

運動会のメリットと他のイベントも同じようにメリットがあるにもかかわらず、何故「運動会」が選ばれるのか、ひも解いてきました。

 

運動会を開催する理由は
・誰でも参加できるイベントがしたい
・コミュニケーションがとれる機会をつくりたい
・健康促進にも役立つイベントがしたい
・一体感やチームワーク向上、繋がりを醸成したい
・満足度も高いイベントを実施したい
そんな願いをかなえることが出来るからです。

 

参加するまでは「億劫だ」と思っている人も参加すると「また参加したい」という感想が非常に多く、企業の課題解決に対して力を発揮する運動会。

 

社内で企画や案だしの会議の際、運動会を開催する目的として上述した内容を提案してみてください!
そして、企画に悩んだときや道具のレンタルをしたいときは、是非運動会屋にご相談ください。

最新記事

Wordのクイズ。 白い背景にコピー用のスペースがある木の小さな立方体と文字。ビジネスコンセプトの画像。

企画

公開日:2022.07.08

社内イベントに!クイズ大会のすゝめ

社内イベントは、従業員エンゲージメントの向上に大きな役割を果たします。

昨今、在宅勤務やテレワークで必ずしも全員が毎日出社して顔を合わせることがない場合もあるため、社員同士のコミュニケーションを円滑にするためにも社内イベントの重要性は高まっています。

ただ、コロナ禍でオンラインの開催となると選択肢が狭くなるため、どんなイベントがいいのか企画する側にとってはアイデアがなかなか浮かんでこないかも知れません。

そこでおすすめなのが、クイズ大会です。
クイズ大会はオンライン・オフライン問わず汎用性が高いため、「企画ネタに困った」という時にもつかえます。

本記事では、社内イベントとしてクイズ大会をおすすめする理由とオンラインでできるクイズ作成ツールをご紹介していきます。

MORE
リモート_新人教育_同僚と楽しむ

運営

公開日:2022.07.06

リモートワーク環境下での新人とのコミュニケーション、どのように取っていますか?

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの企業がリモートワークを導入するようになりました。リモートワークは、今では、私たちのごく当たり前の日常として受け入れられています。

コロナをきっかけに私たちの働き方は様変わりしましたが、みなさんの会社では、コロナ前と現在では、コミュニケーションの質はどのように変わったでしょうか?

特に新人研修においては、これまで対面で行っていたものが、リモートで行う場合も増えているため、新人とのコミュニケーションに課題を感じている人事のご担当者も多くいらっしゃると思います。

そこで本記事では、リモートワークの環境下で新人教育をする際の課題と新人を置き去りにしないためにどんなことができるのかついて、そのヒントをご紹介していきます。

MORE
ハイブリッドイベントの紹介

準備

公開日:2022.02.04

オンラインとリアルイベントが融合!? 運動会屋のハイブリッドイベントとは

こちらの記事では当社の「ハイブリッドイベント」とはどのようなものかを、実際の事例もふまえてご紹介します。

MORE

関連記事

ハイブリッドイベントの紹介

準備

公開日:2022.02.04

オンラインとリアルイベントが融合!? 運動会屋のハイブリッドイベントとは

こちらの記事では当社の「ハイブリッドイベント」とはどのようなものかを、実際の事例もふまえてご紹介します。

MORE
スーツの社員

準備

公開日:2022.01.24

オンライン入社式の準備ポイント

多くの企業で実施される入社式ですが、コロナ下でオンラインでの実施に切り替えることとなり、準備にお困りの担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

リモートワーク主体になっている企業を中心に、せっかく入社した新入社員がコミュニケーション不足により組織に馴染めず退職するケースも増えており、以前よりも入社式が持つ役割は大きくなっているかもしれません。

 

新型コロナウイルスの収束のめどが立たない中、オンライン入社式を検討されている企業に向けて、準備のポイントをご紹介します。

MORE
玉入れとスタッフ

準備

公開日:2022.01.24

社内運動会の道具レンタル前に必読!会場ルールと業者のチェックすべきポイントとは

社内運動会、いざ開催が決まったけど準備ってどうしたらいいの?

 

今回は、運動会の道具をレンタルする際に、会場予約時に確認すべきポイントと、レンタル業者を選ぶときにチェックしておきたいポイントを紹介します。

MORE