JX金属グループ様|お客様の声

運動会専門のプロフェッショナル集団、運動会屋
電話番号mail

お客様の声

運動会の感想を、お客様にインタビューしました。

JX金属グループ様

JX金属グループ“炎”の大運動会

今日はよろしくお願いいたします。
さて早速ですが、今回、24年ぶりの開催と伺いましたが、このタイミングで運動会を開催しようと思われたきっかけや経緯など教えてください。

事務局当社は、2016年から『人と組織の活性化』をテーマに掲げて、多様な人材がやりがいを持って働くことのできる職場環境を目指しています。
ややもすれば、縦割りになりがちな会社・組織にあって、「部門内や部門横断のコミュニケーションを促進し、グループの一体感を高めるようなイベントをやろう」という大井社長からの呼びかけを契機として、今回の大運動会が実現致しました。

では、約1年かけて準備をされたということですよね。

事務局そうですね。今年度に入ってから本格的に動き出しました。

実際に運動会を開催してみていかがでしたか?率直なご感想をお聞かせください。

運営委員盛り上がりの面では、想定していたよりもかなり盛り上がったと思います。
特に、年配・団塊の世代の方々は過去の経験があって慣れている一方で、20代〜30代の中堅や若い世代はあまり馴染みがなかったのですが、その世代も楽しんでいました。
結果として、部門、縦割りを超えて横につながる機会ができ、良かったと思います。

実際に、運動会の前後で、初めての方とのコミュニケーションなどが増えたりしましたか?

運営委員運動会実施後に、忘年会等で話題が出て、話したことのない人と共通の話題で話ができ、親しくなることができました。

運営委員他の部署の話したことがなかった方から「運営委員だったよね?」と声をかけられたのでびっくりしましたが、嬉しかったです。運動会を通じて自分を認知してもらえたことも良かったと思っています。

御社のような大きな組織ですと、なかなか全員を知ることは難しいですし、自分を知ってもらう機会も少ないと思います。いろんな人のいろんな一面を見ることができるのも運動会の良さの一つかなと思っております。ありがとうございます。
さて、運営委員というお話がありましたが、運営委員の方々はどういった形で選抜されて集まられたのでしょうか?

運営委員部署ごとに違いますが、私の場合は上長からご指名いただきました。

運営委員私は新入社員にやって欲しいという会社の意向もあり、選抜されました。

では、実際に運営委員になって、携わっていかがでしたか?
運営委員をやっていなかった場合と比較したらどうだったと思われますか?違った点や気づきなどありましたでしょうか?

運営委員やる前は正直面倒くさそうだなと思いましたが、実際にやってみたら楽しかったです。(笑)

運営委員運動会に対する思い入れが違った形になりました。
実際には、全てが運営委員に委ねられている訳ではありませんが、こちらから希望を発信して若手の意見も汲んでもらって、いろいろな形で反映してもらえたという実感もあるので、運動会に対する思い入れが強くなり、より楽しめたと思います。

運営委員競技を決めるにあたり、運営委員全員の意見を集めてからアンケートで選んだのですが、参加者全員が楽しんでもらえるにはという点を考えた際、自分が思っている楽しい競技と全員がやって楽しい競技が違うため、集団を動かすためには狭い視点ではなく広い視点で見られるようになった気がします。

運営委員今回、新入社員も運営委員を担当することで、仕事ではなかなかできない全体を見る視点や考え方を学ぶ機会ができ、また、運動会を通じて会社に愛着心が芽生えるきっかけができたのは、良かったと思います。

続いて、休日の開催でしたが、人集め・告知の面で苦労された点などありましたか?

運営委員かなり大変でした…(汗)
若手・中堅が運動会の認知度が低いためか、その世代の参加率が伸びなかったことが反省点であり、今後の課題と感じました。
また、多くの家族・お子様に来てもらえたのは良かったのですが、同時に家族向けイベントとして認知され、かえって若手が来づらい雰囲気が醸造されてしまったところも多少ありました。この部分でもバランスが難しいと感じましたね。

事務局今回、24年ぶりに運動会を開催でき、社内で話題が出るようになり、運動会の楽しいイメージが徐々に伝わってきた感があります。当日の様子は、撮影して動画で残しているので、次回開催時には、PRの手段の1つとして活用していきたいと思っています。

運動会で御社のPR大使「カッパーくん」が登場され人気でしたが、カッパーくんに対する参加者の方の反応はいかがでしたか?

運営委員カッパーくんは、2017年4月から当社事業所等の地域密着型イベントで活躍しており、本社で多くの方の前に登場したのは初めてであり、お子様も喜んで頂けたので、大変良かったと思います。

運営委員「わー!」とお子様が集まってきたし、カッパーくんに関する様々なグッズを提供できたのも良かったです。

今回の運動会は懇親会も合わせての開催となりましたが、苦労された点や工夫された点などありましたか?

運営委員当初、今回の会場であるパシフィコ横浜に隣接するインターコンチネンタルホテルでの懇親会を若手集客の1つのポイントとしようと思ったのですが、社内調整の結果、パシフィコ横浜の会場内で実施することになりました。
懇親会を実施することで盛り上がると考えていたので、検討を繰り返し、苦労しながらも実施できた点は良かったと思います。

事務局参加者からは懇親会で提供された食事は大変美味しかったと高評価をいただきました。

続いて、今回、運動会を弊社にお任せいただいた理由を伺えますか?

事務局運動会を企画するにあたり数社からお話を聞きました。旧東燃ゼネラルさんの川崎工場が実施していると聞き、詳しい話を聞いてみたというのが最初のきっかけです。
実際に話を聞いてみて、代表の米司さんはテレビにも出ていらっしゃいましたし、運動会の実績も豊富でしたので安心してお任せしました。

ありがとうございます。実際にJSCと一緒にやっていかがでしたか?印象や感想などございますか?

運営委員当日、600人以上もの参加者にも関わらず、スムーズに進行できたことが大変すばらしいなと。企画力は勿論のこと、運営力がすごいと思いましたし、そういった声も参加者の多くの方々から聞こえてきました。

事務局タイムスケジュールが決まっていて、懇親会の終了時間をとても気にしていたのですが、運動会の進行、運営、審判も含め、定刻通りで終えられたのは「さすが!」と改めて感じました。

ありがとうございます。
最後に、次回に向けての動きも「ちらほら!?」聞いておりますが、次回開催するとしたらどのような運動会にしたいですか?目標やイメージなどございますでしょうか。

運営委員まず、若手・中堅の方々にもっと参加してもらいたいですね。

運営委員もう少しガチンコ(本気モード)の競技があっても良かったのでは!?、という意見が複数ありました。
今回は、ファミリー向けの要素が多かったので、次回は更に燃えるような競技も取り入れ、もう少しガチ(本気)で戦ってみたいと思います!

運営委員こういったイベントを通じて、もっと若手に元気を出して欲しいと思います。上の方々はすでに元気ですので(笑)、、。若手・中堅はゆとりとか元気がないとか、言われる時もありますが、そうではないというところを見せられれば良いと思います。
運動会に出ることが義務感ではなく、「運動会で勝ちたいよね!だから○○しよう!」といったポジティブな発想になれば、会社としても良い雰囲気になると思います。

事務局いずれは本社と各事業所を交えての対抗戦、「全国規模でやりたい!」と、、、いつになるかわかりませんが。

そうですね、せっかく全国に事業所がある会社様ですので、目標は大きく!ですね。ぜひ一緒に目指していけられれば光栄です。
本日はお忙しい中、ありがとうございました。

お客様インタビュー

お問い合わせ・資料請求はこちらから