株式会社お世話や様|お客様の声

運動会専門のプロフェッショナル集団、運動会屋
電話番号mail

お客様の声

運動会の感想を、お客様にインタビューしました。

株式会社お世話や

部署間の垣根が取り払われた

なぜ運動会を実施されたのでしょうか?

社内でのコミュニケーション向上を目的とした福利厚生事業の一環として、フットサル部があるんですが、なかなか女性が集まらない状況だったんで「みんなで出来る」・「女性も楽しめる事」というテーマを掲げました。
そこで"運動会"というアイディアが出たのがそもそものきっかけですね。

なるほど。実際に行われた当日の感想はどうでしょう?

かなり楽しかったです。
勝ったチームだけでなく、最下位のチームもなんだかんだ言いながらビリを楽しんでいました。
運動会後の打上げで、会場が居酒屋だったんですが、我々の人数に対してお店がキャパオーバーで、たまたま最後に最下位チームが来たのでそのままビリ扱いで、よそで打上げてもらいました(笑)。

テーマであり、目標に掲げられていた「みんなで出来る」・「女性も楽しめる運動会」というコミュニケーション部分は実感として目標達成出来ましたか?

準備段階ではデカパン二人三脚とか男女の組み合わせの競技は「こんなのやりたくない!」とか「恥ずかしいから無理だよね?」なんて意見が実行委員の女性陣から出ていたくらいなんですけど、始まってしまえば一様にみんな必死になるくらい楽しんでいましたね。
また、社員同様に社長も50m走に出ていたのですが、「あれ以上は走れない!」って言うほど本気で走ったみたいです(笑)。

開催後の会社内でのコミュニケーションはどうでしょうか?なにか変化はありましたか?

ビリのチームは一週間ほどいじられてました(笑)。
まあ、それは冗談としてやはり部署ごとでぜんぜん業務内容が違うので、普段あまり関わりのない人やアルバイトの人たちがいるのですが、チーム編成をくじでシャッフルしたのでそういう人たちと挨拶を交わせるようになったり、顔と名前が一致するようになりました。垣根が取り払われたというか。
些細なことかもしれませんが、それは運動会という共通の話題が出来たお陰ですね。
それと同時に社内にイベント部が発足しまして(笑)。そういう意味でも次回以降の足がかりと言うか、きっかけになったのかな?と思います。
JSCさんにも今後ご相談させていただくかも知れません。

実行委員会の皆様がやって良かったお話・逆に苦労話など感想がございましたら、お聞かせください。

初めてと言うこともあり、わりとミーティングが多かったかな?と。
ただ、それも含めて楽しかったです。
脱線もありましたが、競技選定など仕事以外で話し合ったのは印象的です。
「大玉ジョニー」、「綱引きシンドバッド」、「ムカデのエリー」など種目名出しも楽しみながらやりました。……やや趣味に走りましたが(笑)。
それと今回は屋内だったんですが、屋外はどうなんだろう?と。
きっと開放的で盛り上がるんでしょうけど、そこはやはり若い女性が多い分いろいろ気を使わなきゃいけない分参加率に影響あるのかな?とか、根本的な雨の心配とかもありますよね?
そういう意味では経験してみたからこそ分かる部分もありましたね。

インターネットでJSCを知られたと言うことでしたが、最終的に我々にお決めいただいた経緯をお教えください。

そうですね。まず、提案内容の鮮明さと言うか、具体的だったことです。
それとやはり価格がリーズナブルだったことは決め手でした。
おまけで言うと、JSC代表の米司さんのお名前は我々の間で繁盛に飛び交っていました。
打合せでお会いする度に髭が伸びていく、って(笑)。

ありがとうございます(笑)。
では実際に我々を選んでいただいた上で良かった点などはありますか?

先ほども述べたように、0ベースだったところに分かりやすく提案していただいたこと、それと開催にあたってプロのMCさんやお笑いの方を呼ぼうと思っていたんですが、なかなか私たちだけでは上手く見つけられない時、JSCさんに相談したところ、すぐにご紹介してもらえたのは大きかったですね。
しかも非常にお上手な方でした。
私たちが当日やるのかな?って、思っていた作業もJSCさんのスタッフの方々がしてくださっていたので、私たちは会社から備品を少し持っていく程度で、あとは参加者の一員として競技を普通に楽しめました。
あとこれも余談ですが、米司さんの当日の赤白の衣装良かったです(笑)。

(笑)では最後に。次回運動会を行うのなら、どんなものにしたいですか?

今回は初めてだったので、競技種目や内容をやや控えめにしました。
女性が非常に多い職場なので。
ただ、やってみての感想としては「次はもっとガッツリしたものでも良いんじゃないか?」と女性陣側からの意見も出ています。
それとうちは若いスタッフが多いので、両親も是非呼びたいですね。
「お母さんとフィーチャリングしたもの」なんかあったら面白そうですね(笑)。
いつかドーム……。どうせなら日本各地でドームツアーやりたいです!(笑)。
で、アーティストを呼んで、応援歌作ってもらったりもしたいです!!(笑)。

かなり大きな夢になりましたね!ご協力ありがとうござました。<了>

会社概要

株式会社お世話や

アクセサリー・ファッショングッズの定番からトレンド、オリジナル商品まで種類豊富に多数取り揃えております。
『良い品をより早く』をモットーに皆様のお世話をさせて頂きたい“お世話や”です。

お客様インタビュー

お問い合わせ・資料請求はこちらから